アーティストもびっくり 驚愕の健康
アーティストもびっくり 驚愕の健康
ホーム > 生活 > 市場から距離を置くこと

市場から距離を置くこと

現実にパソコンの前に座って、休むことなく変動している相場を目を向けていると、注文をしなければいけないという感情に煽られる人も多いです。

 

だがしかし、漠然とした思いでエントリーするのは、絶対にしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、外国為替相場は四六時中休みなくいずれかの国で為替市場が関いているし、為替相場も休みなく変動している。

 

しかし、何度も注文をすると、それだけで損をする率が上がってしまいます。

 

当然の事ながら、取引の回数を経験することによって結果的に利益を上げられる可能性が半々になります。

 

けれどもこの事は「なんとなく感覚で売り買い」してしまうこととは別の話です。

 

トレード回数を積むということは、あなたが「ここがチャンス」と思える勝機を持った場合の売買回数を重ねるという意味である。

 

ただ何となく、取引を積むのとは全く違います。

 

市場の勝負に勝利するためには自分がけじめをつけることが不可欠です。

 

「ここは!」とよく考えた相場の時には覚悟を決めてポジションを増やして意識して利益を追い求めます。

 

「何となく悩ましい市場でどう推移するのか読めないな」と思案した時は、潔く諦めて売買ポジションを閉じて何もしない。

 

これぐらいのけじめをつけた方が、最後には売買はうまくいくものだ。

 

相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったく言葉どおりだと感じます。

 

外国為替相場とは常にポジションを持っていることが重要ではなく、売買ポジションを持たないで待っている事も、取引です。

 

そうであるならば、どの場面で、休みどきなのでしょうか。

 

ひとつは、前述したように、これから先の為替相場が今ひとつ理解できない時です。

 

今後どうなるのか決める事が出来ない時は間違って判断すると、自分で作ったストーリーとは逆方向に相場が向ってしまい、損をする事になります。

 

そのため、こんな場面ではポジションを減らして、そのまま何もしないで静観を決め込むのがいいと思います。

http://blog.goo.ne.jp/joprajop

ふたつめは、己の体の状態がすぐれない時です。

 

コンディションと相場に関係ないと思う方もいると思いますが案外関係がある。

 

コンディションがすぐれなければ外国為替相場の決断しなければいけない場面で落ち着いた判断を下すことが出来ない場合が多くなります。

 

興味がわかない時は、市場から距離を置くことも肝心な事です。